ABOUT


記憶に残っているワインとの出会いはモスクワに滞在していた当時、現地で一般的にスーパーで売られていたグルジア(現ジョージア)ワインです。その後、政治的な理由でロシア国内ではグルジアワインが飲めなくなり、日本に帰ってからはもう手に入ることはないと思っていたグルジアなど旧ソ連地域のワインが日本でもこんなに身近に感じられるようになるなんて夢のようです。

 

ワインに関するサイトを作ろうと思ったとき、グルジア語で「ワイン」を意味する「gvino(グヴィノ)」を名前に入れたいなと思いました。考えながらグヴィノ、グヴィノとつぶやいていたら、なんだかお酒をぐびぐび飲んでるような語感で楽しいので2つ繋げてURLに入れてみました。

 

ワインを勉強するようになってから、「美味しいワインをグラス2杯も飲んだら世の中のたいていのことはどうでも良くなる」という信念が芽生え、ワインの良さを広めたいと考えて、その信念を標榜するようなかっこいいタイトルをフランス語で考えたりもしていたのですが、フランス語だとほとんどの人には馴染みがなく、何だかよく分からないなと思ってやめて、自分の興味のあるものを単純に繋げてサイトの名前にしました。

 

周りはワイングラス2杯どころか下手するとワインボトル2本くらい一晩でぐびぐびと空けてしまうような頼もしい友人ばかりで、そんな友人達にどんなことを伝えたいかを考えながらサイトを更新しています。

 

ワインに関する活動や今後の企画などを日々つづっていきます。