· 

ムクザニとムツヴァネとムツヘタと

飲み会で同じテーブルの方から、ジョージアワインのムクザニっていうのはいろんなムクザニがあるけど、味はそれぞれ違うんですか?と質問されました。ムクザニは産地の名前なので、ワインは造り手によって味わいに違いはあると思いますよとお答えしました。フランスのシャブリだって、いろんなシャブリがあるけどいろんな味がありますよね。それと同じことです。

 

また先日、ワイン関係の知人からKhvanchkara(フヴァンチカラ)の画像を送って頂いたので、「あ、フヴァンチカラですね!」とコメントしてワインの詳細をメッセージで送ったら、いや、それ以前にラベルが読めませんよ!とお返事がきて大変恐縮してしまいました。

 

ワインを勉強する前はシャルドネとシャブリの違いもわからなかったことをネタにしているワインスクール講師の友人もいますが、思えば自分もモスクワのスーパーで気軽にワイン買ってがぶ飲みしてた二十代の頃はムクザニとムツヴァネの違いなんて分かってなかったので笑えないなと思いました。

 

✳︎「Mukuzani (ムクザニ)」は、ジョージア東部カヘティ地方のサペラヴィ種を使った辛口の赤ワインの名称です。ジョージア政府認定のマイクロゾーン。ムクザニは産地名なので、例えるならフランスでいうマルサネとか… (ちょっと違うかな)

✳︎「Mtsvane(ムツヴァネ)」はジョージアワインによく使われる白ブドウの名称です。

✳︎「Mtskheta(ムツヘタ)」はジョージアの観光地です。ドラクエとは特に関係ありません。

✳︎「Khvanchkara (フヴァンチカラ)」は、ジョージア西部を流れるリオニ川中流のラチャ地方アンブロラウリ地区。品種はアレクサンドロウリとムジュレトゥリ。ジョージア政府が認定するマイクロゾーンです。